ヒルナンデス!大ヨコヤマスリーピング!今日からでも実践できる快眠法

6月14日の「ヒルナンデス!」で、『大ヨコヤマスリーピング!』と題して、寝苦しい梅雨も夏もグッスリ眠るための正しい快眠法が紹介。

夜の睡眠によって、昼間どう生き生き過ごせるかが決まる。

解説してくれたのは、快眠セラピストの三橋美穂さん。

スポンサーリンク

睡眠に関して不満に感じること

多くの人が悩んでいる、睡眠に関して不満に感じることは
・寝ても疲れがとれない
・何度か目が覚める
・朝すっきりと起きられない
・なかなか寝付けない

快眠度チェック

自分の睡眠は質のいいものになっているのか?

普段から快眠できているかを、次の10項目でチェック。

・帰宅後はドアや窓を開け換気している
・夏でもパジャマは長ズボン
・お風呂は就寝の1時間以上前に済ませている
・寝る前にコップ1杯の水を飲んでいる
・真夏に寝る時はエアコンを使う
・シーツや敷きパッドは季節に合わせて変えている
・寝つく時は仰向け
・起床のアラームはスマートフォンを使っている
・一晩中枕の上に頭がある
・よく昼寝をする

〇の数が多いほど快眠できていて、バツが多いほどよく眠れていないと考えられる。

今日からでも実践できる快眠法

帰宅後は換気

梅雨の時季は、換気するとかえってジメジメした空気が入ってきそうだが、空気を循環させるのが大事。

淀んだ空気を入れ替えるという意味でも、短時間でもいいから、窓開けっ放しにして空気を入れ替えると良い。

夏でもパジャマは長ズボン

半ズボンで寝るとふくらはぎが冷えて、明け方体温が下がったときに足がつりやすい。

夏は睡眠中に汗をかく量も増えるため、水分不足が重なり最悪の状態。パジャマを長ズボンに変えるだけで足がつる可能性が低くなる。

お風呂は就寝の1時間以上前に済ませる

眠りにつくときは、脳や体を休ませるため体温は低下。

それに伴って、体は休息状態となり眠気が訪れる。

お風呂につかり体を温めた後、上がった深部体温を下げるまでに1時間以上かかると言われているため、入浴は就寝の1時間以上前に済ませるのが良い。

お湯の温度は夏は少しぬるめの38度から40度がオススメ。熱いお湯につかってしまうと、脳を刺激して目覚めてしまい、快眠の妨げになることも。

シャワーなら短時間で体温は下がるが、一番良いのは浴槽に入って少し体温を上げてストンと下げるのが、睡眠のためには良い。

寝る前にコップ1杯の水を飲む

睡眠中に、人はコップ1杯分ほどの汗をかく。

睡眠中の乾燥を防ぐためにも、水分は大事。

お茶の場合は、カフェインが含まれていない麦茶がおすすめ。

飲むならお酒ではなくノンアルコールビール

お酒は寝つきは良くなるが、アルコールが分解されると交感神経が刺激されて目が覚めてしまう。

ノンアルコールビールはアルコールがないので、睡眠を妨げる要素がない。

原料の麦芽に含まれるGABA(ギャバ)というアミノ酸の一種にリラックス作用があり、寝つきがよくなり翌日の爽快感が高いとも。

真夏に寝るときはエアコンをつける

真夏の都市部のマンションなどは、壁に熱が溜まってしまう。

我慢せずにエアコンはつけたほうが良い。

暑くなり始めの時季は、タイマーを使って体を冷やしすぎないようにする。

熱帯夜の日は、睡眠中の熱中症を予防するため、28℃以上にならないよう一晩中エアコンをつける。

シーツや敷きパッドは季節に合わせて変える

敷きパッドを通気性の高いものに変えるだけで、快適に眠れるようになる。

空気が多る立体構造のものや、麻パッド、竹パッドがあるが、決して安くはない。

百均のシーグラスマットを利用

背中(の下)に熱をこもらせないために、百円ショップなどで買える、シーグラスマットで通気性を良くする。

シーグラスマットは、水草で粗く編んで作った通気性のよいマットで、一般には玄関マットやバスマットとして使われる。

これを背中の下に横向きに敷く。

縦に置くと、肩にマットが当たってしまい、違和感となる。

実際につかうときは、シーグラスマットの上からシーツをかけてOK。

太陽光のようなタイマー付きライト光目覚まし時計「インティ4」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする