ヒルナンデス!快眠のツボ「安眠」、478呼吸法、いびきやよだれにはテープ

9月13日の「ヒルナンデス!」

『よるある質問聞いちゃいます!FAQナンデス!』のテーマは、睡眠。

快眠セラピストの三橋美穂さんなどが、質問に応えてくれた。

【関連記事】
ヒルナンデス!焼きレモンの豚肉ソテー 焼きレモンだけでもおいしそう!

眠りが浅い

ゲストの加藤シゲアキさんからは「眠りが浅くすぐに起きてしまいます。眠りの質を高めたいです」という質問。

これに対して、雨晴クリニックの坪田聡先生は、眠りが浅いのは身体からのサインだという。

眠りが浅くなる原因は、体内時計や自律神経の乱れ、ストレスなど。

三橋先生が、眠りの質を高める2つのポイントを紹介してくれた。

お風呂やストレッチで体をリラックス

シャワーよりもお風呂に入る。

眠りの環境を整える

寝る前はスマホを避け、また、光源が直接顔にあたらないようにする。

アイマスクを着けても良い。

リラックスミュージックは効果がある?

ゆったりとした音楽や自然の川のせせらぎなどの音は、リラックスすることはもちろん、深い眠りに入りやすくなる。

寝たいけど眠れないときに「睡眠のツボ」

環境を整えても、体に眠る準備ができていないとなかなか眠れない。

そんなときは、睡眠のツボを押す。

眠りやすくなるツボ「安眠」

「安眠」というツボがある。

その場所は、耳のうしろにある骨のつけ根のななめ後ろ。

左右両方にある。

指を2本あて、軽くもみほぐすようにする。

羊を数えても眠れない

広島国際大学の田中秀樹先生によると、羊を数える効果は日本人には薄い。

羊は英語では「sheep(シープ)」

三橋先生によると、Sheepを声に出すと、自然と腹式呼吸になりリラックスできるという。

数えるの動物でなく呼吸

日本人は数えるのは、動物ではなく、呼吸にする。

今夜からできる方法として、「478呼吸法」が紹介された。

そのやりかたは

(1)4秒かけて、鼻から息を吸う

(2)7秒息を止める

(3)8秒口からゆっくり息を吐く

よだれやいびきが気になる

よだれやいびきは、自分の意思ではどうにもならない。

薬局などで売られているテープを貼って、口をふさぐ。

唇の上に、テープを縦に貼る。

枕元にテープがたくさんあるというゲストの加藤シゲアキさんによると、のどを守ってくれて、風邪予防にもなるという。

【関連記事】
世界一受けたい授業 毛細血管を健康に保つハーバード式呼吸法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント