得する人損する人 ベッドの目利きワザ ベッドは点で押さえてみる

9月13日の「得する人損する人」で、ベッドの目利きワザが紹介。

長持ちするベッドは、どうやって目利きすればよいのか?

教えてくれたのは、インテリアスタイリストの窪川勝哉さん。

【関連記事】
得する人損する人 天ぷらをサクサクふっくらにするワザ&激安鶏むね肉格上げワザ

長持ちするベッドは押したら硬い

ベッドに寝てみても、体の面でベッドの反発力を受けるので、瞬間的にはちがいがわからない。

点で押さえると、沈み込み方が全然ちがう。

長持ちするのは、跳ね返りの強い硬いほう。

ポイントはマットレスのなかのコイル

マットレスのなかにあるバネには、柔らかいポケットコイルと硬いボンネルコイルの2種類がある。

ポケットコイルは、バネが袋にいれられた状態で置かれているため、沈んだ部分だけに負荷がかかり、消耗が早い。

ボンネルコイルは、バネとバネが連結した状態で置かれているため、体の重みをマットレス全体で分散。バネの消耗も少なく、意外と長持ちするという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 【関連記事】 ・得する人損する人 ベッドの目利きワザ ベッドは点で押さえてみる […]