ジョブチューン 睡眠負債に、睡眠の質を高める乳酸菌入りキムチ

睡眠負債がたまると、さまざまな心と身体の障害が起こり、認知症や糖尿病、がんのリスクが高まる。

2月10日の「ジョブチューン」で、睡眠負債を軽減し睡眠の質を向上させる栄養素としてGABA(ギャバ)、このGABAが多く含まれている食品としてキムチが紹介された。

解説してくれたのは、古賀良彦先生。

【関連記事】
ジョブチューン 高血圧改善に酢ピーナッツ
ジョブチューン 肩こりにアボカド アボカドの海苔わさび和え、豚巻きアボカドの照り照り焼き

スポンサーリンク

睡眠負債とは

睡眠負債とは、毎日の睡眠不足が借金のように蓄積した状態のこと。

6時間睡眠を2週間続けると、2日間徹夜したのと同じレベルまで脳の働きが衰えるという研究結果も。

睡眠負債の状態では、自分で気づかないうちに、免疫力が下がったり、新陳代謝が落ちたり、老廃物が溜まってしまう。

睡眠負債チェック

・平日の睡眠時間は6時間未満
・休日は平日の2時間以上長く寝る
・朝起きたときにだるさを感じる。頭がぼんやりする
・午前中に眠気を感じる
・仕事帰りに眠気を感じる

1つでもあれば、睡眠負債とのこと。

睡眠の質を向上させるGABA(ギャバ)

睡眠負債を軽減するには、睡眠の質を向上させること。そこで紹介されたのがGABA(ギャバ)。

GABAはアミノ酸の一種で、脳の興奮を抑え、気持ちをリラックスさせる働きがある。

即効性があるので、夕食後などにGABAを摂るとよく眠れる可能性があるそう。

キムチ以外には、トマト、じゃがいも、ナスなどに多く含まれている。

乳酸菌入りキムチ

キムチのなかにある成分に乳酸菌が働くことで、キムチにはたっぷりとGABAができる。

パッケージに「乳酸菌入り」と書かれたものを買ってくる。

一日に、小鉢1つ分くらいのキムチを食べるとよい。

GABAは加熱しても壊れないので、いろんな食べ方ができる。

毎晩食べるなら、キムチよりもGABAチョコのほうがいいなぁ。とりあえずコンビニに見に行ってこようかな。

【関連記事】
スタンフォード式最高の睡眠をとるための4つの行動 – 今でしょ!講座

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする