名医のTHE太鼓判 睡眠時無呼吸症候群の原因はやわらかすぎる枕にも。快眠枕3つの条件

2月5日の「名医のTHE太鼓判」は、『人生を変える正しい睡眠SP』と題して、睡眠について。

ゲストの多くが睡眠時無呼吸症候群と判定。

寝る前のよくない習慣が指摘されると同時に、良い睡眠のためには3つの条件を満たした枕を使うことが提案された。

【関連記事】
名医のTHE太鼓判 誤嚥性肺炎のサイン・寝ている間のゴホゴホ咳 誤嚥を予防する葉酸

スポンサーリンク

気づきにくい睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群は、本人は気づきにくい。

いびきがひどいときはパートナーが教えてあげるとか、スマホのアプリを使ってチェックしたりもできる。

番組では、ねごとといびきだけ録音できる「ねごと・いびきレコーダー」が紹介された。

体温が下がるタイミングで眠気がおきる

眠りに入るときに大切なのは、体温が高い温度から低い温度に下がること。

からだが冷え切ってからは、質の高い睡眠は得られなくあってしまう。

睡眠の質でも肌の質は悪くなる。

暗いなかでのスマホ

スマホは大した照度ではなくても、周りが暗くなってからその光を見ると瞳孔にもろに光が入る。

すると、脳が昼間なのではないかと勘違いし、交感神経を緊張させてしまって寝つきが悪くなってしまう。

快眠枕3つの条件

良い枕の条件は、仰向け、横向き、寝返りの3つがあうかどうか。

枕の高さは5ミリ単位で変わってくる。

番組では枕外来の山田朱織先生が、ゲストの枕を調整してくれたが、仰向け、横向け、寝返りのうちやすさのポイントも紹介された。

仰向け寝では呼吸のしやすさがポイント

仰向け寝では、呼吸のしやすさに注意。

枕の高さが合わないとのどが圧迫される。

すると気道が狭くなり、狭くなった気道は息をするたびに振動しイビキとなる。

気道が完全に塞がれると、無呼吸になる。

枕に頭をのせたときに、首の角度がおよそ15度になるのがベスト。

横向き寝では額、鼻、首がベッドと平行

横向きに寝たときは、額の中心と鼻、首の付け根を結んだ線がベッドと平行になること。

寝返りがうちやすいこと

3つ目のポイントは、寝返りがうちやすいかどうか。

寝返りをしたときに、肩と骨盤が同時に回転できる事が大切。

コロコロと寝返りをうったときに、腰に力がよいしょとなるのは良くない。

ゲストのプロレスラー真鍋刀義さんの枕はやわらかすぎて、頭を置くと沈み込んでしまいのどがつぶれてしまう。

気道を確保しようとして、バンザイ寝になってしまうという。

【関連記事】
助けて!きわめびと 玄関マットマイ枕で焼き鳥のように寝返り
その原因、Xにあり!寝起き腰痛は寝返りしにくい睡眠環境に。玄関マットとタオルケットの寝返り枕

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする