きょうの健康 睡眠についての誤解

NHK「きょうの健康」で『今さら聞けない!あなたの睡眠総点検』の第1回は「睡眠についての誤解」

・眠くないけど、体を休めるためしばらく横になろう
・明日の朝早く起きるから早く寝よう
・睡眠時間は1日必ず8時間

これらは、すべて誤解で、よい睡眠のためには逆効果になることもあるという。

解説してくれたのは、日本大学の内山貢教授。

スポンサーリンク

睡眠は自分の意思ではコントロールできない

無理になにかしようとすると、かえって逆効果になることがある。

たとえば、寝ようとして寝床に入っても眠るのがなかなか困難だと、このことでかえって苦痛が増したりする。

睡眠の仕組み

人が眠くなる仕組みは2タイプ。

一つは、脳が疲れたから寝むくなる。もう一つは、夜になったら眠くなる。

脳は起きている間ずっと活動を続けているので、だんだん疲れが溜まってくる。

睡眠物質と呼ばれるものが、起きている時間と比例して脳脊髄液のなかに溜まってくる。

この睡眠物質が、眠気を起こす視床下部の睡眠中枢を活性化し、その結果眠気がおこる。

これが脳が疲れたから寝むくなる仕組み。

夜になったら自然と眠くなるのは、体内時計による仕組み。

体内時計は、1日ほぼ24時間の周期でリズムを刻んでいる。

そのために欠かせないのが、朝の太陽の光。

起床して太陽を光を受けると、それが体内時計をリセットする時報となって体が活動的になる。

そこから14~16時間経つと、体内時計の指令で体が皮膚から熱を出して、体の内部の温度が下がり始める。

体温が下がることで、体は徐々に休息態勢になり、その1~2時間後に体全体が眠りに導かれる。

不眠と睡眠不足のちがい

不眠は、寝床に入っている時間は十分確保しているが、よい睡眠を得られない状態。

睡眠不足は、寝床に入っている時間が十分確保できず、睡眠の量を確保できない状態。

不眠のタイプ

不眠のタイプとして、次のような場合がある。

・寝つきが悪い
・途中で何度も目が覚めてしまう
・早く目が覚めてしまう
・眠りが浅い

成人の20パーセント程度が、不眠に悩んでいるという。

このあと、不眠や睡眠不足による影響などが解説された。

脳が疲れたから眠くなるというのと、夜が来たから眠くなるという睡眠の仕組みが2パターンに分けられることと、不眠と睡眠不足がちがうというのがちょっと驚き。

「不眠」を漢文のように眠れずと読めば、たしかに睡眠不足とは違うか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする